国政報告

質問主意書・答弁書質問主意書・答弁書覧へ

答弁書

答弁書第一四号

内閣参質一九四第一四号

平成二十九年十月六日

内閣総理大臣 安 倍 晋 三

参議院議長 伊 達 忠 一 殿

参議院議員糸数慶子君提出日米地位協定の見直しに関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

参議院議員糸数慶子君提出

日米地位協定の見直しに関する質問に対する答弁書

一から十三までについて

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定(昭和三十五年条約第七号)をめぐり様々な意見があることは承知しているが、同協定は合意議事録等を含んだ大きな法的な枠組みであり、政府としては、同協定について、これまで、手当てすべき事項の性格に応じて、効果的かつ機敏に対応できる最も適切な取組を通じ、一つ一つの具体的な問題に対応してきているところであり、引き続き、そのような取組を積み上げることにより、同協定のあるべき姿を不断に追求していく考えである。

この質問の質問書を見る